香醋(こうず) 黒酢 お酢

香醋(こうず)とは? | 黒酢や香酢/お酢の魅力に迫る!

▼MENU

香醋(こうず)・香酢とは、どのようなお酢のこと?

香醋(こうず)・香酢は、どのようなお酢かご存知でしょうか?

香醋・香酢は、中国で昔から造られているお酢で、
黒酢と色も似ている、黒褐色のお酢のことです。

香酢
日本の黒酢と同じく、
長期熟成型のお酢なんですね。

香りも独特で、
アミノ酸が豊富に含まれています。


香醋・香酢はどれぐらいの期間熟成されている?


香醋(こうず)・香酢は、熟成期間によってランクがあります。

通常は、年~年の熟成が多く酸味もあります。

これが年以上のもの、特に年ものは高級品の香酢とされていて、
ツンとしたお酢独特のニオイがなくなり、酸味もほどよく柔らかい味になります。


香醋・香酢の上手な飲み方は?

香醋・香酢は、まろやかですが、本来の酸味もあります。

中華料理においても、香酢は調味料として頻繁に使われているので、
知らないうちに、召し上がっているかもしれませんね。

健康のために、香酢をそのまま飲むのはさすがに辛いので、

近年では、香醋・香酢をカプセル状にしたサプリメントが喜ばれているようですね。

黒酢と香酢(こうず)ってどこがどう違うのか?

黒酢と香酢(こうず)の違いが、気になるところですよね?

黒酢と香酢
黒酢と香酢は、一見すると同じような黒褐色なので、
ちょっと見ただけでは、判別が付かないかもしれません。


黒酢と香酢(こうず)の違いとは?


黒酢=香酢と覚えている方も多いのですが、まず原料が違います。

製法に関しても違うので、まったく別のお酢なんですね。

一番わかりやすいところで言うと、

黒酢よりも、香酢の方がアミノ酸量が多いです。

香酢の方が体によい成分が、たくさん含まれているということですね。

こう言うと、黒酢の方が劣っているように聞こえますけど、

黒酢も長期の熟成で、アミノ酸量が増えていきます!

香酢は中国産、名の由来は熟成によって、
香りが芳醇だからなんですね。

黒酢も、起源は中国ですけど、
江戸時代のころ、中国から日本に伝来して、

以来、日本独自で製造されているんですね。

香酢は中国、黒酢は日本と覚えておく方が思い出しやすいですね。

黒酢、香酢 | 飲むタイミングってあるのか?

日本でお酢というと、料理に使ったりするのが一般的ですね。

近年では、お酢(黒酢・香酢)を飲むことが健康維持に役立つと話題です!


黒酢、香酢を飲むタイミングは?


お酢、全般に言えることなのですが、
黒酢、香酢を飲むときは、空腹時を避けてくださいね。

胃が空っぽの状態ですと、強酸で胃壁を痛める可能性があるからです。

一番、胃に負担が少ないタイミングですと、

食後に摂取するのが、特におすすめです!

食後に飲むのが、面倒だという方は、

具体例として、黒酢、香酢をサラダ(生野菜)にかけて、
召し上がるのでも大丈夫です!

サラダ
他の召し上がり方ですと、

無糖のヨーグルトに混ぜたり、
野菜ジュースに入れたりするのでもよいですね。

但し、お酢は強酸なので、

くれぐれも飲み過ぎにはご注意くださいね。

人気の黒酢サプリ、もろみ酢サプリ | お酢を飲むならサプリが簡単!

当サイトの管理人である私は、

毎日、黒酢、もろみ酢、又はリンゴ酢を炭酸水で割って、薄めて飲んでいたのですが、
実際のところ、胃に負担がかかってきました。

これを空腹時に飲用してしまうと、強酸で胃によくありません。

又、毎日の食事のみで、お酢(黒酢・もろみ酢・リンゴ酢)を摂取するのは、
継続できない可能性も出てきたため

カプセルタイプのサプリメントへ、変更したという経緯があります。

サプリだと、飲むのが辛くありませんし、

黒酢、もろみ酢、は豊富なアミノ酸を簡単に摂取できるので

健康補助食品タイプの、サプリメントを飲むのが、
一番ラクだと感じるようになったんですね。


肥後すっぽんもろみ酢
琉球もろみ酢サプリ
30粒(約1ヶ月分)
初回:500円(税込)

アミノ酸が黒酢の312倍 もろみ酢サプリ

肥後すっぽんもろみ酢本商品




▽もっと詳しい体験レポート▽

肥後すっぽんもろみ酢、等身大の体験レポや、
口コミと美容のお役立ち記事が満載です!
↓↓↓

スッポンもろみ口コミ.com体験